Our Approachライフスタッフの負荷試験内容について

非常用自家発電機
負荷試験の内容

非常用自家発電機の負荷試験について、その点検項目、点検方法、判定方法は以下のように定められています。ライフスタッフでも、以下の点検方法・判定方法に準拠し、30%以上の出力負荷をかけて非常用自家発電機が正常に稼働するかどうかをチェックしています。また、弊社では経験豊富な専任のスタッフが負荷試験をおこなっております。

点検項目:負荷運転の運転状況

点検方法

擬似負荷試験装置、実負荷等により、定格回転速度及び定格出力の30%以上の負荷で必要な時間連続運転を行い確認する。

判定方法

  • ア 運転中に漏油、異臭、不規則音、異常な振動、発熱等がなく、運転が正常であること。

  • イ 運転中の記録はすべて製造者の指定値範囲であること。

    • (ア)疑似負荷装置の設置については、容量、設置場所、仮設給排水方法、仮設ケーブル敷設、危険標識設置、監視員の配置等について、電気主任技術者及び防火管理者と十分打合せを行って実施すること。

    • (イ)負荷運転前の確認事項

      負荷運転前に、施設全般にわたり次の事項を確認すること。

      • a 機器点検における始動試験の始動前の確認事項

      • b 原動機と発電機のカップリング部のボルト、ナットに緩みがなく、フレシキブルカップリングの緩衝用ゴムにひび割れ等の損傷がないこと。

    • (ウ)負荷運転後の確認事項

      • a 負荷運転の終了後は、スイッチ、ハンドル、弁等の位置が自動始動運転待機状態になっていることを確認すること。

      • b 消費した燃料、冷却水が補給されていることを確認すること。

報告書の作成まで
お任せください

非常用自家発電機負荷試験の実施後は、消防署長等へ調査結果を報告する必要があります。ライフスタッフでは報告書の作成まで対応しております。試験実施後、すみやかに報告書を作成して送付いたします。非常用自家発電機負荷試験では、以下の報告書が必要になります。

模擬負荷試験機による
負荷試験点検報告書

  • 表紙
  • 擬負荷試験機による点検内容
  • 非常用発電機設備点検の事前チェック表
  • 自家発電設備模擬負荷試験工程表
  • 模擬負荷試験機による負荷運転点検結果報告表

表紙

擬負荷試験機による点検内容

非常用発電機設備点検の事前チェック表

自家発電設備模擬負荷試験工程表

模擬負荷試験機による負荷運転点検結果報告表

写真帳

消防設備点検もあわせてお任せください

ライフスタッフでは、非常用自家発電機の負荷点検だけではなく、消防設備全般の点検にも対応しております。消防用設備などの点検に関して必要な知識・技能を取得した消防設備点検資格者が、適正な点検を行います。負荷試験と併せて行うことにより、本来かかる手間やコストを削減することが可能です。

消防法で義務付けられている
各種点検の内容と期間

消防法では、定期的に消防設備の点検をおこない、その結果を消防署長等へ報告することが義務付けられています。各種点検の内容・期間は以下のように定められています。

外観機能点検:6ヶ月に1回

スプリンクラー設備のヘッド(放水口)や、自動火災報知設備の感知器などが損傷したり漏水したりしていないか、外観から判別できる事項を点検します。また、消防設備などの機能が簡単な操作によって判別できる事項については、実際に感知器を作動させたり非常ベルを鳴動させたりして点検します。

  • 消火器・火災報知器
  • 避難器具・ガス漏れ警報器
  • 誘導灯等の防災設備等の主に目視点検

総合機能点検:1年に1回

消防設備などの全部または一部を作動させたり使用したりしてみて、その消防設備などの総合的な機能を確認します。

  • 消火器・火災報知器
  • 避難器具・ガス漏れ警報器
  • 誘導灯等の防災設備等の機能点検

非常用自家発電機負荷試験:基本的に1年に1回

30%以上の出力負荷をかけて、非常用自家発電機が正常に稼働するかどうかを確認します。

  • 機能点検(バッテリー・ファンベルト・オイル・フライミング操作および黒煙などの点検)
  • 負荷試験機を接続して30%以上の出力確認点検
  • 出力データ作成

ライフスタッフでは、非常用自家発電機の負荷試験だけではなく、消防設備全般の点検に対応しております。消防用設備などの点検に関して必要な知識・技能を修得した消防設備点検資格者が、適正な点検をおこないますので、消防設備点検全般も気軽にご相談ください。

関連リンク