Our Approachライフスタッフの負荷試験が
選ばれる理由

ライフスタッフは、「低コスト&短時間&無停電」の非常用自家発電機負荷試験によって、多くのお客様に選ばれています。
負荷試験を担当するのは、経験豊富な専任のスタッフ。
リーズナブルで確実・安心な負荷試験なら、ぜひ弊社にお任せください。

REASON 01大幅なコスト削減に成功!

従来の非常用発電機負荷試験は大型の試験機と多くの作業員を必要としたため、試験費用も非常に高額なものでした。

しかし、ライフスタッフでは小型化・軽量化した試験機を導入することで、少人数・短時間での作業を実現。負荷試験のコストを従来の約3分の1まで抑えています。

ライフスタッフが採用する
最新型負荷試験装置

ライフスタッフでは、常に最新型の負荷試験装置を導入して、非常用自家発電機の負荷試験をおこなっています。近年の負荷試験装置は、従来に比べ大幅な性能アップを遂げています。最新型の負荷試験装置を用いることで、試験の精度が向上するだけでなく、作業時間の短縮やコスト軽減など、お客様の負担軽減にもつながります。より多くの建物・施設の方々に非常用自家発電機負荷試験に取り組んでいただけるよう、今後も負荷試験装置をバージョンアップしてまいります。

REASON 02作業は最短2時間で完了!

従来の非常用発電機負荷試験は作業に長時間を要していましたが、ライフスタッフではオペレーションを効率化することで作業時間を大幅に短縮しています。
これまで数時間かかっていた負荷試験の準備時間は、わずか30分に。試験自体も最短2時間、遅くとも3時間程度で完了します(1台あたり)。

  • STEP 01

    負荷試験機

  • STEP 02

    搬入と
    ユニット連結

  • STEP 03

    発電機又は
    キュービクル側の電源遮断

  • STEP 04

    発電機と接続

REASON 03無停電だから店舗・施設に負担をかけない!

従来の非常用発電機負荷試験は建物・施設の停電が必要だったため、店舗・商業施設などでは営業に支障が出ることがありました。
しかし、ライフスタッフなら無停電での負荷試験が可能。店舗・商業施設などの施設に負担をかけることがありません。

REASON 04低圧・高圧、両方の負荷試験に対応しています

高圧と低圧では、非常用自家発電機負荷試験の内容や用いる設備が異なります。
特に、高圧の負荷試験では専用の技術・経験が必要になるため、低圧の負荷試験に対応できても高圧の負荷試験には対応できないという業者も少なくありません。
ライフスタッフは、高圧・低圧どちらの非常用発電機負荷試験にも対応できますので、お気軽にご相談ください。

非常時に、確実に性能を発揮できる発電機を!

火災・地震などの非常時に、非常用自家発電機が動かなければ何の意味もありません。
エンジンが始動しても、その性能を十分に発揮できなければ、助かるはずの命が失われるかもしれません。

負荷試験は、非常用自家発電機の性能を確認する唯一の方法であり、災害時の危機管理のためには欠かせない点検です。
オーナー様・管理会社様は非常用自家発電機の負荷試験をおこなって、いつでも確実に始動し、100%の性能を発揮できる非常用自家発電機を維持しましょう。

関連リンク