What's Fukashiken非常用自家発電機負荷試験の
改正内容とは

非常用自家発電機の
点検方法が改正されました

平成30年6月1日に消防用設備等の点検基準及び、消防設備等点検結果報告書に添付する点検票の様式一部が改正されました。(消防予第372号)

  • 負荷運転実施の際、商用電源を停電させなければ実負荷による点検ができない場合があった。
  • 屋上や地階など自家発電設備が設置されている場所によっては擬似負荷装置の配置が困難で、装置を利用した点検ができない場合があった。

このような問題点を解消するために、従来の点検方法のあり方を科学的に検証した結果、改正に至りました。改正のポイントは大きく以下の4点です。

改正ポイントは大きく4つです

01負荷試験に代わる点検方法として、内部観察等を追加

改正前

負荷試験のみ

改正後

負荷運転または内部観察等

内部観察等とは?

平成30年6月から新たに負荷試験に代わる手段として規定した点検方法になり、 部品を取り外し、発電機のエンジン内部などを内視鏡を用いて点検を行います。 点検では以下のような項目を確認します。

  • 過給器コンプレッサ翼及びタービン翼並びに排気管等の内部観察
  • 燃料噴射弁等の内部観察
  • シリンダ摺動面の内部観察
  • 潤滑油の成分分析
  • 冷却水の成分分析

02予防的な保全策を講じていれば、点検周期を6年に1度に延長

改正前

年1回の負荷試験の実施

改正後

運行性能の維持に係る予防的な保全策が講じられている場合、負荷試験及び内部観察等の点検周期が6年に1回の実施に。

予防的な保全策とは?

予防的な保全策とは、不具合を予防する保全策として、以下のような確認交換等をおこなうことを言います。

  • 予熱栓、点火栓、冷却水ヒーター、潤滑油プライミングポンプが設けられている場合は、各部品を1年ごとに確認する。
  • 潤滑油、冷却水、燃料フィルター、潤滑油フィルター、ファン駆動用Vベルト、冷却水用等のゴムホース、パーツごとに用いられるシール材、始動用の蓄電池等はメーカーの推奨交換年内に交換する。
  • 予防的な保全策を講じていた場合の点検周期イメージ

    ※横にスクロールしてご覧いただけます。

03ガスタービンを用いる自家発電設備の負荷運転は不要

改正前

すべての自家発電設備に負荷運転が必要

改正後

ガスタービンを用いる自家発電設備の
負荷運転は不要

04換気性能点検は無負荷運転時に実施するように変更

改正前

負荷運転時に実施

改正後

負荷運転時ではなく、無負荷運転時に実施するように変更

上記の改正されたポイントを踏まえて、適切な点検を行うことが重要です。
火災・地震などの非常時に、非常用自家発電機が動かなければ何の意味もありません。

負荷試験は、非常用自家発電機の性能を確認する唯一の方法であり、災害時の危機管理のためには欠かせない点検です。
オーナー様・管理会社様は非常用自家発電機の負荷試験をおこない、いつでも確実に始動し、100%の性能を発揮できる非常用自家発電機の環境をつくるようにしましょう。

関連リンク

非常用自家発電機負荷試験とは